洗いときの気温はぬるま湯

冬季は感覚が乾燥するので、よりの方がお肌の乾きを感じているのではないでしょうか?冬季だけ乾燥する、1時時期関係なくお肌が乾燥して仕舞う…
あんな自分のために、簡単にできる乾き手伝いをご紹介します。
使用するスキンケア装具で乾燥しやすく陥る商品もありますが、スキンケア装具を差しかえるのは給料もかかりますし、一気に実践するのは結構難しいですよね。
但し、今日ご紹介するのは「日々のふとしたことを気をつけるだけ」なので今日からも始められます。

ポイントは3つだ!
1:洗いときの気温はぬるま湯で
2:手厚く押え拭き
3:メーキャップ水はたっぷりと

1:洗いときの気温はぬるま湯で
冬季は寒いので無性に熱いお湯で洗い流したくなるところですが、これが乾きの原因となってしまう。
お肌には皮脂というものがあり、これが天然の保湿クリームの作用を通してくれるためお肌を乾きから守ってくれてある。ただし、熱いお湯で洗ってしまうとこういう皮脂が洗い流されてしまいます。その結果乾きしやすいお肌になってしまうということです。
皮脂を洗い流さないためには、「ぬるま湯」で洗うことがポイントです。「38℃程」が最適です。またこういうぬるま湯は、適度に毛孔を開いてくれるため毛孔のまん中まで綺麗に洗うことができるので、洗いに適した気温になります。

2:やさしく押え拭き
洗いが終わったら「やさしく押えながら拭きましょう!」ゴシゴシと拭いてしまうって、これも皮脂がめくれ易くなるため乾きの原因となってしまう。
またかつてごわごわしてきたクロスは再びお肌を傷つけ易い結果、なるべく新しいふわふわという瑞々しいクロスを使うようにしましょう。

3:メーキャップ水はたっぷりと
お肌に湿気が足りていないという、乾きの原因となります。保湿するために油分の多いクリームや乳液をとことん塗ったとしても、湿気がないといかほど油分の足しても効果はありません。ですから、ほとんど「メーキャップ水をたっぷりと付ける」ことが大切になります。乾きが手強い場合は、2,3回メーキャップ水を塗って売ると乾きを防ぐことができます。敢然と湿気をお肌に与えられたら、油分を敢然と与えてくださいね。

このように、連日なにげなくやっていたことが乾きを引き起こしてしまうので、お伝えしたふとした要所を押さえて乾きからお肌を守ってあげましょう。シングレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です